【SHARP KC-30T7】シャープ プラズマクラスター7000 加湿空気清浄機詳細レビュー!

こんにちはっ!パンダ🐼です!

  • 空気が乾燥する季節は、朝起きたときに喉が痛いことがあるなあ…
  • そろそろ花粉の季節、クシャミや目のかゆみがつらいよ……
  • 部屋を掃除してもすぐにホコリがたまる。毎日掃除するのは大変だよ…
  • 空気清浄と加湿、両方の機能が付いてる空気清浄機ってあったらいいのに!

こんな悩みを解決出来る加湿空気清浄機がシャーププラズマクラスター7000加湿空気清浄機「KC-30T7」です!

これからの花粉の季節、強い味方になってくれるシャーププラズマクラスター7000加湿空気清浄機「KC-30T7」。画像付きで詳細レビューしていきます。

パンダくん

空気清浄機能だけでなく、加湿機能も付いている1台で2役こなせるっていうのが最高だね!

目次

シャーププラズマクラスター7000加湿空気清浄機「KC-30T7」はシンプルデザイン&空気乾燥、花粉やホコリにお悩みの方におすすめ

まずはこちらの写真をご覧ください。

とてもシンプルなデザインで、表面の凹凸の手触りが気持ちいいです。

シャーププラズマクラスター7000加湿空気清浄機「KC-30T7」のカラーはホワイトとブラックの2色があります。パンダ🐼は部屋に溶け込むように壁の色と同じ、ホワイトを選びました。

横から見たところはこんな形です。

下から上に向かってしなやかなカーブを描いたスタイリッシュなデザインです。

パンダくん

これを買ってから、花粉症の症状、目のかゆみやクシャミが軽減されたよ

SHARP「KC-30T7」加湿空気清浄機の仕様

SHARP KC-30T7 取扱説明書から引用 URL:https://jp.sharp/support/air_purifier/doc/kc30t7_mn.pdf

まず、大きさは幅38cm×奥行19.7cm×高さ57cmです。

家に届いたときは少し大きなという印象でしたが、シンプルなデザインですしカラーはホワイトを選択して壁の色と同じなので、実際の大きさよりは存在感ではありませんでした。

重さは6.8kgです。大人が両手で持って、軽く持ち上がる程度の重さですね。

パンダくん

れからSHARP「KC-30T7」のメリットとデメリットを解説していくよー

シャーププラズマクラスター7000加湿空気清浄機「KC-30T7」のメリット

SHARP「KC-30T7」のメリットは以下3点です。

  • 空気清浄機と加湿器の両方として使える
  • 稼働音が静か
  • 電気代が安い

空気清浄機と加湿器の両方として使える

シャーププラズマクラスター7000加湿空気清浄機「KC-30T7」は1台で空気清浄機能加湿機能の2つの機能を備えています。

まず、空気清浄機能で部屋から花粉やホコリを除去してくれます。

部屋の空気の汚れを本体正面のランプ(きれいモニター)の色と点滅の速さでお知らせしてくれます。

緑(点灯):きれいな状態
オレンジ(ゆっくり点滅):少し汚れている
赤(はやく点滅):汚れている

空気がきれいな状態はランプが緑(点灯)
空気が少し汚れているとランプがオレンジ色(ゆっくり点滅)に変わります
パンダくん

この前外で焼き鳥食べて帰った直後、赤(はやく点滅)に変わったよ!反応、早いっ!

パンダ🐼は春から夏にかけて、花粉症の症状(目の痒み、クシャミ)があります。今年もそろそろ、その季節がやって来たようで、最近目の痒み、クシャミが出ていきました。

ところが、この加湿空気清浄機を部屋に設置してからは、花粉症の症状が軽減されました!目が痒くありません。クシャミも出ません。

最近は在宅勤務で家で仕事をすることが多いですが、加湿空気清浄機のおかげで快適に作業ができそうです。

さらに加湿機能では、部屋の湿度を常に最適な状態(約55%~65%)にキープしてくれます。

乾燥シーズンは朝起きたら喉が痛いということがありましたが、これからはそれがなくなりそうです。

ちなみに本製品には加湿を入/切するボタンはなく、水を入れると常に加湿し、水が入っていないと加湿しません。

パンダくん

加湿機能がいらないシーズンは、水を抜いておけばいいんだね

稼働音が静か

シャーププラズマクラスター7000加湿空気清浄機「KC-30T7」の稼働音は思っていた以上に静かです。

運転モード(強、中、静音)によって音の大きさは多少異なります。

パンダ🐼は、運転モードを自動(部屋の空気の汚れ・湿度・温度に応じて風量が変わる)で稼働させていますが、音は全く気になりません。

(普段音楽をかけながら仕事をしているせいもありますが。)

夜寝る時は、運転モードを静音にして寝ています。

稼働音がうるさくて眠れないということはありません。

また、「パワー浄化」ボタンを長押しすることで、稼働した状態でモニターとランプを消灯する機能があるので、モニターとランプの光が気になって眠れないということもありません。

SHARP KC-30T7 取扱説明書から引用 URL:https://jp.sharp/support/air_purifier/doc/kc30t7_mn.pdf
パンダくん

モニターとランプの光が夜寝るときに気になる人にはナイスな機能だね

電気代が安い

1年間ずっとつけっぱなしにした場合の電気代を計算してみました。

1日のうち日中16時間は中で稼働させて、夜間8時間は静音で稼働させるとします。

1日あたりの電気代:0.27円×16時間+0.08円×8時間=4.96円/日

1年あたりの電気代:4.96円/日×365日=1,810.4円/年

パンダくん

年間1,800円ちょっとで花粉症の症状が軽減、冬場の喉の痛みもおさらばできるなんて、安い!

シャーププラズマクラスター7000加湿空気清浄機「KC-30T7」のデメリット

デメリットをあげると、

  • 場所を取る
  • 1日で水はなくなる
  • メンテナンスが必要

こんな感です。

場所を取る

ミニマリストにとってはかなり大きなデメリットになってしましますが、場所を取ります。

それでも、花粉シーズンの目の痒みとクシャミ、乾燥シーズンの喉の痛みが軽減されるのであればと思い購入を決断、買って正解でした!

シンプルなデザインでカラーも壁の色と同じホワイトを選んだので、部屋での存在感もそこまで大きくはありません。

1日で水はなくなる

加湿機能を使用する際は、給水トレーに給水する必要があります。

朝に満水のラインまで水を入れて、丸一日使用すると、次の日の朝には給水トレーの水はほぼ空になっています。

そのため、1日に1回給水が少し手間ですね。

メンテナンスが必要

花粉やホコリを吸収してくれるので、汚れがひどいとき、ニオイが気になるときはフィルターの掃除が必要です。

各種フィルターは、5年ないし2年に1回(使用環境によって期間は異なります)交換も必要です。

それでも、

  • 空気清浄機と加湿器の両方として使える
  • 稼働音が静か
  • 電気代が安い

などのメリットもあるので、その点を考慮して購入を検討することをおすすめします。

まとめ:花粉症や乾燥シーズンの喉の痛みにお悩みの方にはおすすめ!!

シャーププラズマクラスター7000加湿空気清浄機「KC-30T7」は少し大きくて場所を取りますが、

在宅勤務が増えたので、自宅の作業環境を快適したいと思っている方や花粉症や乾燥シーズンの喉の痛みにお悩みの方は、是非購入を検討してみてください。

パンダくん

加湿空気清浄機、もっと早く買っていればよかったなあ…

この記事が少しでも皆さんの役に立ったら嬉しいです。

またねっ。

パンダ
ミニマリスト
IT系会社員、投資家兼ミニマリスト。投資の運用成績や節約術、ミニマル生活、お気に入りのガジェットについて発信中。
\よろしければポチッと応援お願いします/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

Go!Go!パンダくん!! - にほんブログ村

当サイトで使用のWordPressテーマ

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
スポンサーリンク
目次
閉じる