1日2食(16時間断食)の効果は?痩せる?続ける方法は?

1日2食にすると痩せるのかな…
続けるのが難しそう…

そんなあなたに向けて。

こんにちは、パンダ (@gogopandablog) です。

必要最小限の持ち物で生活するミニマリストです。こちらの書籍「空腹」こそ最強のクスリ/青木厚を読んでから、食生活も1日2食に減らしています。

「空腹」こそ最強のクスリの要約

・1日3食しっかり食べることの問題点⇒内臓が十分に休めない。食べ過ぎ。
・食後10時間で脂肪がエネルギーとして使われる
食後16時間で「オートファジー」が機能し始める
オートファジーとは、古くなった細胞を、内側から新しく生まれ変わらせるための仕組み
 内臓の働きを復活させる
 脂肪の分解、血流の改善で生活習慣病を遠ざける
 若々しく健康な体を手に入れる

引用元:「空腹」こそ最強のクスリ/青木厚

1日2食の生活を始めて既に4カ月が経過し、無理なく続けられていて、1日2食を習慣化することに成功しました!

では、実際に1日2食を4カ月続けてみてどんな効果があったのかどのようなやり方で1日2食を習慣化できたのかを紹介します。

パンダくん

詳しくは書籍「空腹」こそ最強のクスリ/青木厚を読んでねー

目次

1日2食を4カ月続けてみた効果

1日2食を4か月続けてみて、以下の3つの効果がありました。

1日2食で得られた効果

1.体重が減った
2.夜、ぐっすり眠れるようになった
3.朝、時間に余裕ができた

パンダくん

1つずつ説明するよー

1.体重が減った

私は標準体型で学生時代からずっと変わらない体重でしたが、1日2食にすることで先月はマイナス1kg体重が減りました。

こちらの記事【レビュー】タニタ 体重 体組成計(BC-768 WH) スマホへのデータ自動送信が超便利!で紹介した体組成計は、乗るだけでスマホにデータが自動送信されてグラフを自動作成、日々の記録を見える化できるのが便利です!

2.夜、ぐっすり眠れるようになった

1日2食にすることで、毎日だいたい決まった時間に食事をするようになりました。

具体的な食事をする時間は、お昼は12時、夜は20時の2回です。

夜早めに食事を済ませることで、食事後、寝るまでの時間が長く確保できるようになり、その結果よく眠れるようになりました。

以前は仕事で夜が遅くなった場合は、寝る直前に食事をすることもあったため、寝つきが悪く、朝起きた時に胃もたれすることがありました。

パンダくん

人生の3分の1と言われる睡眠、しっかり取ろう!

3.朝、時間に余裕ができた

1日2食にするにあたり、私が減らした食事は朝食です。

以前は食パン、卵、サラダ、ヨーグルト、コーヒーといった朝食を取っていて、準備や片付けといった時間も含めると30分以上は費やしていました。

朝食を食べることをやめてからは、朝はゆっくり本を読んだり、近所を散歩する時間に使えるようになりました。

朝は頭がスッキリしているので、読書をすると内容が頭に入りやすく、散歩に行くと気持ちのいい一日がスタートできることに気づきました。

パンダくん

朝の時間の有効利用は、思わぬ副次効果だねー

1日2食を無理なく習慣化する方法

メリットだらけの1日2食の食生活ですが、ずっと1日3食だった私がどうやって1日2食に切り替えることができたのか。

お悩みさん

空腹に我慢できなくて挫折してしまうよ…

1日2食を無理なく習慣化する方法

1.睡眠時間を上手く利用する
2.朝起きたら白湯(さゆ)を飲む
3.空腹がつらい時は素焼きの無塩ナッツで乗り切る

パンダくん

1つずつ詳しく説明するよー

1.睡眠時間を上手く利用する

こちらの書籍「空腹」こそ最強のクスリ/青木厚の最も大事なポイントはこちらです。

重要ポイント

1日16時間の空腹時間を作り、「オートファジー」が機能させること
※オートファジーとは、古くなった細胞を、内側から新しく生まれ変わらせるための仕組み

詳しい説明は書籍に記載がありますが、1日3食だと以下のような悪影響があります。

1日3食が及ぼす悪影響

・内臓が休む時間がない
・胃が膨らんでいる状態が当たり前となり、結果食べ過ぎる
・老化、肌のシワやシミの原因、疲れやすくなり、様々な病気を引き起こす

大切なことは1日のうち16時間の空腹時間(食事をしない時間)を作ることです。

1日24時間のうち16時間食べないとなると、最初はハードルが高いです。

睡眠時間(8時間)を16時間に上手く組み込むことで、比較的簡単に習慣化ができます!

無理なく続く1日2食のルーチン

STEP
6:00 起床

水分補給(白湯(さゆ)を飲む)

空腹が我慢ができず仕事に支障をきたす場合は、素焼きの無塩ナッツを食べる

STEP
12:00 昼食

普段通りの昼食(何を食べてもオッケー、制限なし)

STEP
20:00 夕食

普段通りの夕食(何を食べてもオッケー、制限なし)

以降、翌日12:00まで(16時間の空腹時間を作る)

STEP
22:00 就寝

8時間ぐっすり眠る

大事なことは、空腹時間を16時間作ることなので、1日2食の昼食と夕食は普段通りの量で何を食べてもオッケーです。

16時間のうち8時間は睡眠時間なので、空腹がツライ時間は午前中ですが、ここを乗り切れれば午後は楽になります。

こうして1日のルーチン見てみると、なんだかできそう!と思ったのではないでしょうか。

2.朝起きたら白湯(さゆ)を飲む

白湯(さゆ)とは、水を沸騰させただけの無色透明のお湯のことです。

白湯(さゆ)には体を目覚めさせる他にもいろいろな効果があり、以下が代表的な例です。

白湯(さゆ)の代表的な効果

代謝をあげて痩せやすい体質に
美肌にする効果
便秘やむくみを解消
引用元:美容に効く、 白湯(さゆ)の飲み方

そして、朝に飲む白湯(さゆ)の効果的な飲み方はこちらです。

朝に飲む白湯(さゆ)の効果的な飲み方

朝は胃腸が冷えているので、白湯を飲むことで内臓が温まると消化力も高まります。
一口ずつ10~20分ぐらいかけて飲むのが理想的です。
朝食の約30分前くらいまでに白湯を飲むと胃腸の消化機能も活発になり、食べたものの栄養素をきちんと消化できるようになります。
引用元:美容に効く、 白湯(さゆ)の飲み方

パンダくん

白湯(さゆ)を飲むことで、空腹感も少し抑えられるよ

寝起きにお湯を沸かすのは少し手間ですし、時間もかかります。

しかも熱湯は熱いので、すぐには飲めません。

そんな時に活躍するのがこちらのタイガーのステンレスハンディポットです

前日にお湯を沸かしてポットに入れておけば、翌朝にはちょうどいい飲みやすい温度の白湯(さゆ)になっています。

3.空腹がつらい時は素焼きの無塩ナッツで乗り切る

このルーチンでの1日2食の食生活で一番空腹を感じるのが、午前中の昼食前の時間です。

どうしても空腹で仕事に支障をきたすという場合は、素焼きの無塩ナッツであれば、いつでも食べてもよいと書籍「空腹」こそ最強のクスリ/青木厚に記載があるので、素焼きの無塩ナッツを食べましょう。

素焼きの無塩ナッツには以下の効用があります。

素焼きの無塩ナッツの効用

・血糖値の急激な上昇を抑える
・少量で満腹感を得やすい

なお、素焼きの無塩ナッツはこちらの楽天市場のふるさと納税の返礼品でもらうと節約にもなります!

パンダくん

1日2食が習慣化されると、ナッツに頼ることは少なくなるよー

おわりに

以上、1日2食を4カ月続けてみてどんな効果があったのかどのようなやり方で1日2食を習慣化できたのかを紹介しました。

1日3食が当たり前でしたが、習慣化できれば1日2食が当たり前になり、健康にも良く、節約にもなり、時間も有効に使うことができるようになりました。

普段当たり前と思っている常識を疑ってみる。試しにやってみる。

何事もこういう姿勢が大切だと思います。

あなたも1日2食を試してみて、健康な体と余裕のある朝の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

この記事が少しでも皆さんの役に立ったら嬉しいです。

またねっ。

パンダ
ミニマリスト
IT系会社員、投資家兼ミニマリスト。投資の運用成績や節約術、ミニマル生活、お気に入りのガジェットについて発信中。
\よろしければポチッと応援お願いします/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

Go!Go!パンダくん!! - にほんブログ村

当サイトで使用のWordPressテーマ

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
スポンサーリンク
目次
閉じる