RankTrackerの導入方法と料金プラン・検索1位を奪取する方法を徹底解説

ブログで記事を書き続けているけど、アクセス数が伸びない…。
記事をリライトしたいけど、どの記事をリライトしたらいいかわからない…。

そんなお悩みを持つあなたに向けて。

こんにちは、パンダ (@gogopandablog) です。

ブログを開設して5ヶ月目。ついにアクセス数が大幅に伸び始めました!

このアクセス数の急増は、こちらの記事ブログ運営報告(開設4ヶ月目)でご紹介したRankTrackerが大きく貢献しています。

アクセス数急増までは以下のような流れでした。

アクセス数急増までの流れ

  1. RankTrackerを導入
  2. Googleサーチコンソールと連携
  3. 公開済み記事の検索順位の動向を確認
  4. リライトする記事を決定して記事をリライト
  5. 検索順位1位を奪取!
  6. アクセス数急増 ←今ここ

こちらのアクセス数急増の流れに沿って、RankTrackerを使って具体的にどのような方法で検索順位1位を奪取したのかを紹介します。

また、検索順位1位と奪取した後、アクセス数がどのくらい増えたかも合わせて紹介します。

パンダくん

流れに沿って具体的に何をしたか、1つずつ説明するよー

目次

1.RankTrackerを導入

RankTrackerの主な機能

ブログ開設4ヶ月目にRankTrackerというツールを導入しました。

RankTrackerには主に以下の機能があります。

RankTrackerの主な機能

自分のブログ記事の指定された検索キーワードでの検索順位を確認
競合のブログ記事の指定された検索キーワードでの検索順位を確認
指定したスケジュールで自分のブログ記事の検索順位を確認
検索キーワードをグループ別に管理

このうち、今回実際に使った機能は以下の2つです。

自分のブログ記事の指定された検索キーワードでの検索順位を確認

指定したスケジュールで自分のブログ記事の検索順位を確認

この2つの機能だけで、検索順位1位を奪取することができたので、この2つの機能だけでもRankTrackerを導入する価値はあります。

ブログ開設後3ヶ月が過ぎて、公開済みの記事数が30超えたらRankTrackerの導入することで、効率よく記事をリライトすることができ、検索順位を上昇させて、アクセス数が増やせます!

なお、ブログ開設後3ヶ月が過ぎていることが重要です。

ブログ開設後、Google検索の結果の上位に記事が表示され始めるまでには時間がかかります。

記事を公開してからだいたい3ヶ月はかかるので、それより早い時期にRankTrackerを導入しても宝の持ち腐れになってしまいます。

RankTrackerのダウンロード方法

\無料版でお試しできます!/

リンク先の画面下部にあるRank Trackerをクリックするとダウンロードできる画面に移動します。

RankTrackerの料金プラン

料金プラン

無料版
プロフェッショナル版:$149$/年(約16,500円/年)オススメ!
エンタープライズ版:$349/年(約38,500円/年)

パンダくん

業務用のエンタープライズ版はオーバースペックなので、個人向けのプロフェッショナル版で十分だよー

RankTrackerは4ヶ月目以降に導入するのがよいですが、有料テーマSWELLは1ヶ月目に導入するのがよいです。

時短効果が大きいですし、移行の手間を考えると早い段階に移行してしまう方が楽です。何よりSWELLでブログを書くと楽しいです!

有料テーマSWELLの魅力をご紹介

2.Googleサーチコンソールと連携

RankTrackerを導入後、初期設定をする際には必ず「Googleサーチコンソールと連携」をしましょう。

Googleサーチコンソールでは、以下の情報が確認できます。

自分のブログ記事がどんな検索キーワードで検索されて検索結果に表示されているか
表示された検索結果のうち、どのくらいクリックされているか

RankTrackerを「Googleサーチコンソールと連携」しておくことで、自分のブログ記事が実際に検索されている検索キーワードをRankTrackerに一括で流し込むことができます。

実際に検索されている検索キーワード

という点が重要ポイントです!

あなたも記事を書く際に、「この検索キーワードで検索されるはず」という「想定の検索キーワード」を設定しますね。

ただこの「想定の検索キーワード」と「実際に検索されている検索キーワード」は若干ズレていることがあります。

具体例をあげて説明します。

私はこちらの記事【ミニマリスト】クローゼット在宅勤務が省スペースで快適!を「クローゼット 在宅勤務」という「想定の検索キーワード」で記事を書いて公開しました。

その後、Googleサーチコンソールで確認すると、「ミニマリスト 在宅勤務」という検索キーワードで検索してクリックされている方が多いことが分かりました。

このように、「想定の検索キーワード」と「実際に検索されている検索キーワード」にはズレがあることを理解しましょう。

パンダくん

まさか、そのキーワードで!?ということも結構あるよー

3.公開済み記事の検索順位の動向を確認

RankTrackerを導入して、Googleサーチコンソールと連携したら、数日間は公開済みの記事の検索順位の動向を見守りましょう。

3ヶ月間ブログを続けていると、個人差はありますが記事数はそれなりの数になっています。

私の場合は60記事程度でした。

ブログ運営報告(開設3ヶ月目)

今まで公開した記事の内、自分では「この記事は上手く書けた!」と思った記事ってありますよね。

でも実際にはアクセス数が伸びていなかったりします。

逆に、「この記事はあまり読まれないだろうなあ…。」と思った記事のアクセス数が伸びたりしています。

そうなんです。

ブログを書いた自分の感覚と、ブログを読んでくれる読者の感覚にはギャップがあります。

そして自力でそのギャップの分析をするのには限界があります。

そう。そのギャップの分析に役立つツールが、Googleサーチコンソールと連携したランクトラッカーなのです!

RankTrackerを導入後、Googleサーチコンソールから連携された検索キーワードに紐づいた記事の検索順位の動向を数日間見てみましょう。

1日で急激にランクアップする記事があったり、逆に急激にランクダウンする記事があったり、全く動きがない記事もあり、さまざまなので面白いです。

ブログを書いた自分の感覚と、ブログを読んでくれる読者の感覚のギャップもわかってきます。

ある日、先ほどの具体例の記事【ミニマリスト】クローゼット在宅勤務が省スペースで快適!が、検索順位10位に入りました。

/

その数日後、今度は「ミニマリスト 在宅勤務」という若干ズレた検索キーワードで、検索順位4位まで上昇しました。

RankTrackerで検索順位の動向を毎日見ていると、「おっ、この記事いい感じ!」というのが見えてきます。

パンダくん

RankTrackerで注力する記事を見える化しよう!

4.リライトする記事を決定して記事をリライト

検索順位4位、もう一息というところまで来たので、なんとかして1位に押し上げたい!

というわけで、記事のリライトをするわけですが、ちょっと待って下さい。

その前にとても大事ことを確認する必要があります。

記事のリライト前の確認

上位のサイトがどんなサイトかを確認しましょう!

せっかく検索順位4位まで来たので、1位になりたいところですが、今上位にいるサイトがどんなサイトか、あなたが太刀打ちできる相手かを確認しましょう。

もし上位のサイトが企業のサイトであれば、順位を上げることは難しいでしょう。

また、上位のサイトが個人のサイトであっても、記事の質(クオリティ)が自分のブログよりも圧倒的に上であった場合も順位を上げることは難しいです。

これらの場合は、別の記事に注力した方がよいです。

パンダくん

勇気ある撤退をしよう…。

ブログを3ヶ月以上続けているあなたであれば、上位のサイトの記事を見て、勝てそうか、そうでないかはすぐにわかるはずです。

逆に、上位のサイトが以下ようなサイトであれば、順位を上げることは十分可能です!

これならイケる!

上位のサイトが個人のサイトで、記事の質(クオリティ)が自分の記事と同じか少し上

ラッキーだったことに、今回の上位の3つのサイトはいずれも個人サイトで、記事の質(クオリティ)も私の記事と同じくらいでした。

というわけで、【ミニマリスト】クローゼット在宅勤務が省スペースで快適!の記事を全力でリライトして検索順位1位を狙いました。

主なリライトしたポイントはこちらです。

記事をリライトするポイント

・記事タイトル
・見出し
・メタディスクリプション
・アイキャッチ
・画像を差し替え、追加
・長い文章は箇条書きにする等で短く簡潔に

実際に検索されている検索キーワードが「ミニマリスト 在宅勤務」が多いことがわかったので、記事の内容も「ミニマリスト 在宅勤務」の内容に寄せるようにしました。

パンダくん

記事タイトルに【ミニマリスト】って入れたよー

5.検索順位1位を奪取!

記事をリライトした数日後、ついに検索順位1を奪取することができました!

一般に、検索順位によるクリック率は、以下のような割合になります。

検索順位によるクリック率の違い

検索順位1位・・・35%程度
検索順位2位・・・15%程度
検索順位3位・・・10%程度

パンダくん

検索順位1位と2位以下の差がエグイな!

6.アクセス数急増

クロネコ屋さん(@NINJAkusokuso)のこちらのツイートを見て、私は1日100アクセスを目指していました。

つい2週間前までは、1日50アクセスくらいでした。

RankTrackerを導入して、検索順位1位を奪取するまでは…。

検索順位1位を奪取してから1日100アクセス達成できた!嬉しい!と思っていたのもつかの間、その後もアクセス数は増え続けて…

1日400アクセス超えました!!

Googleからこんなメールが届いたり、

Googleサーチコンソールが見たことない角度で急上昇していました!

パンダくん

検索順位1位、恐るべし…

さいごに

以上、RankTrackerを使って具体的にどのような方法で検索順位1位を奪取したのかと、検索順位1位を奪取した後、日々のアクセス数がどのくらい増えたかを紹介しました。

RankTrackerがあれば、日々の検索順位を数値やグラフで分析できて、注力するべき記事が明確に見える化できます。

想定の検索キーワード」と「実際に検索されている検索キーワード」にはズレがあること理解しましょう。

実際に検索されている検索キーワード」に寄せる形で記事をリライトすることで、よりキーワードに合致した記事になるので検索順位が上がるはずです。

今回、こちらの「アクセス数急増までの流れ」に上手く乗って検索順位1を奪取、アクセス数も増やすことができました。

アクセス数急増までの流れ

  1. RankTrackerを導入
  2. Googleサーチコンソールと連携
  3. 公開済み記事の検索順位の動向を確認
  4. リライトする記事を決定して記事をリライト
  5. 検索順位1位を奪取!
  6. アクセス数急増 ←今ここ

この流れの3~6を繰り返すことで検索順位1位の記事を量産することができれば、あなたも楽しくて素敵なブログライフが送れます!

私にとってRankTrackerはブログ運営において必要不可欠なツールとなりました。

ブログ開設後4ヶ月目になったら、ブログを効率よく検索順位1位を狙うために必要経費と割り切ってRankTrackerを導入しましょう。

\無料版でお試しできます!/

リンク先の画面下部にあるRank Trackerをクリックするとダウンロードできる画面に移動します。

有料テーマSWELLは1ヶ月目に導入することで、ブログを書く時間を大幅に短縮。ブログを書くことが一気に楽しくなります!

この記事が少しでも皆さんの役に立ったら嬉しいです。

またねっ。

パンダ
ミニマリスト
IT系会社員、投資家兼ミニマリスト。投資の運用成績や節約術、ミニマル生活、お気に入りのガジェットについて発信中。
\よろしければポチッと応援お願いします/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

Go!Go!パンダくん!! - にほんブログ村

当サイトで使用のWordPressテーマ

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
スポンサーリンク
目次
閉じる