ミニマリスト直伝!きれいな部屋が維持できる片付け方法とは

部屋を片付けてもすぐに散らかってしまう…
モノを探すのに時間がかかってイライラしてしまう…

そんなお悩みを持つ方に向けて。

こんにちは、パンダ (@gogopandablog) です。

ミニマリストなので片付けることが得意です。

自分の持ち物が部屋のどこにあるか全て把握しています。

片付けが苦手なあなた、片付けても数日後には散らかってしまうあなたに向けて、きれいな部屋が維持できる片付け方法を紹介します。

結論から言うと、きれいな部屋が維持できる片付け方法とはこちらです。

きれいな部屋が維持できる片付け方法

モノの「住所」を決めてあげて、使ったあとは「住所」に帰してあげる

モノの「住所」を決めてあげるとは、例えば「ハサミ」は一番上の引き出しのこの位置。

「リモコン」上から二番目の引き出しのこの位置。

といった具合に、モノの「住所」つまり、モノの「定位置」を決めてあげるということです。

そして、モノを使ったあとはモノを「住所(定位置)」に帰してあげましょう。

この片付け方法を習慣にすることで、あなたの部屋はこれからずっと散らかりません。きれいな部屋を維持できます。

パンダくん

ポイントとメリットを詳しく説明するよー

目次

モノの「住所」を決めてあげるポイント

モノの「住所」を決めてあげるのに大事な3つのポイントがあります。

モノの「住所」を決めてあげる大事なポイント

1:床の上をモノの「住所」にしてはいけない
2:家族全員でモノの「住所」を共有する

3:できるだけ視界に入らない場所をモノの「住所」にする

ポイント1:床の上をモノの「住所」にしてはいけない

床の上は聖域です。決してモノの「住所」にしてはいけません。

床にモノを置くと、どんどん部屋が散らかってしまいます。

お掃除ロボットが掃除しやすいのは、床にモノがない状態です。人間が掃除をする場合も同じです。

床にモノがなければ掃除がしやすいです。物をよけて掃除をする必要がないからです。

パンダくん

床にモノが増えると、足の踏み場がなくなるよ…

ポイント2:家族全員でモノの「住所」を共有する

1人暮らしであれば、モノの「住所」は自分1人が把握していればよいです。

ところが家族がいて、家族とモノを共有して使う場合は家族全員でモノの「住所」を共有しましょう。

家族の誰が「ハサミ」を使っても、使い終わったら必ず「住所」に帰してあげる。

このことを家族のルールにしておくことで、「ハサミ」がいつもある場所にない!ということがなくなります。

パンダくん

家族みんなでモノの「住所」を知っておこう

ポイント3:できるだけ視界に入らない場所をモノの「住所」にする

たくさんのモノが視界に入ると、スッキリ片付いた部屋とは言えません。

モノの「住所」は引き出しの中やクローゼットの中といった視界に入らない場所をモノの「住所」にするのが理想的です。

モノと使うときだけ取り出して、使い終わったら視界に入らない「住所」に帰してあげる。

このことを習慣にするだけで、部屋は散らかりません。

これまでかかっていた片付けの時間も大幅に短縮できますよ

モノの「住所」を決めてあげるメリット

モノの「住所」を決めてあげるメリットは3つあります。

モノの「住所」を決めてあげるメリット

1:モノを片付ける時間が短縮できる
2:モノを使うときに探す必要がなくなる

3:モノの管理が簡単になる

パンダくん

1つずつ説明するよー

メリット1:モノを片付ける時間が短縮できる

例えば「ハサミ」は一番上の引き出しのこの位置。

「リモコン」上から二番目の引き出しのこの位置。

こういった形で全てのモノの「住所(定位置)」を一度決めてあげることで、いちいち片付ける場所を考える必要がなくなり、無駄な時間の浪費がなくなります。

メリット2:モノを使うときに探す必要がなくなる

この前使った「ハサミ」どこにいったっけ…?

モノの「住所(定位置)」が決まっているので、モノを使うときにモノを探す必要がなくなります。

家族みんながモノの「住所(定位置)」を知っていれば、「ハサミ」はいつでも必ず一番上の引き出しにあるのです!

メリット3:モノの管理が簡単になる

自分でモノの「住所(定位置)」を把握できるようになるので、モノの管理が簡単になります。

逆にモノの「住所(定位置)」が決まっていないと、使うたびにモノを探してしまいます。

「ハサミ」見つからない場合、新しく「ハサミ」を買ってしまい数日後に使おうと思ったら、また見つからない。

ある日気づいたら家に「ハサミ」が3つもある…。

こんな無駄な時間と出費を減らすことができます。

パンダくん

モノの管理が簡単、時短にも節約にもなるよ!

さいごに

以上、きれいな部屋が維持できる片付け方法を紹介しました。

モノの「住所」を決めてあげて、使ったあとは「住所」に帰してあげる

たったこれだけのことを習慣にするだけで、あなたの部屋は永遠に散らかることはありません。

早速、モノの「住所」を決めてあげて、二度とモノが散らからないきれいな部屋で快適な生活を満喫してはいかがでしょうか。

この記事が少しでも皆さんの役に立ったら嬉しいです。

またねっ。

パンダ
ミニマリスト
IT系会社員、投資家兼ミニマリスト。投資の運用成績や節約術、ミニマル生活、お気に入りのガジェットについて発信中。
\よろしければポチッと応援お願いします/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

Go!Go!パンダくん!! - にほんブログ村

当サイトで使用のWordPressテーマ

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
スポンサーリンク
目次
閉じる