【ミニマリスト】部屋の掃除は毎朝3分クイックルワイパーで簡単キレイ!「気持ちのいい一日のスタートを!」

こんにちはっ!パンダ🐼です!

最近在宅勤務が増えて、自宅の部屋で過ごす時間が増えました。

片付けや掃除をして、スッキリした部屋で仕事をしたり、くつろいだりすることが好きです。

部屋がすぐに散らかってしまうなあ。
ミニマリストは普段どうやってキレイに片付いた部屋をキープしてるのかな?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 部屋の掃除は毎朝3分クイックルワイパーで簡単キレイに!
  • クイックルワイパーで掃除をするメリット
  • クイックルワイパーのここがちょっと、、
  • まとめ:毎朝クイックルワイパーで掃除をしてスッキリした気分で一日のスタートを!

本記事の信頼性

私(パンダ🐼)がミニマリストとして普段の生活している実体験を元に、思ったことや考えたことを書いています。
>> ゴーゴー!パンダくん!! 運営者のプロフィール

目次

部屋の掃除は毎朝3分クイックルワイパーで簡単に掃除する手順

毎日、朝起きたらクイックルワイパーを使って部屋の掃除をしています。

パンダ🐼の毎朝やってる部屋の掃除ルーチンをご紹介します!

おおまかな手順は、以下のような流れです。

  1. 布団をクローゼットに収納
  2. カーテンと窓を開けて、部屋を換気する
  3. クイックルワイパーで部屋全体を掃除する
  4. クイックルワイパーをクローゼットにしまう

上から順番に説明しますね。

布団をクローゼットに収納する

布団を敷いて寝ているので、朝起きたらまず布団を畳んで、クローゼットの中に収納します。

カーテンと窓を開けて、部屋を換気する

次に、部屋のカーテンと窓を開けて、部屋の換気をします。

冬は寒いですが、5分もすれば部屋の空気はすっきり入れ替わるので気持ちがいいです。

パンダくん

天気のいい日は、朝窓を開けるのがとても気持ちがよ。

クイックルワイパーにシートを装着、部屋全体を掃除する

クイックルワイパーにシートを装着して、部屋全体を掃除します。

クイックルワイパーにシートを装着!

部屋の床に物は置かないようにしているので、部屋全体を端から端まで気持ちよく掃除できます。

床に物は置きません。
パンダくん

床に物がないことで、掃除する度に物を動かす必要がないので、とっても楽だよ!

毎朝クイックルワイパーで掃除をしているので、それほど多くのゴミはシートに付着しません。

掃除し終わった後は気分もスッキリ、気持ちのいい一日のスタートが切れます!

クイックルワイパーをクローゼットに片付ける

部屋全体の掃除ができたら、クイックルワイパーをクローゼットに片付けます。

クイックルワイパーのシートは、両面が使えるものを使用しています。

片面を使ったら裏返して、次の日にもう片方の面を使って掃除をします。

両面使い終わったらシートは捨てて、新しいシートと交換します。

パンダくん

シートは両面使えるから、1枚のシートで2日分の掃除ができるよ!

シートにはドライ、ウェットの二種類があります。

普段はドライのものを使って、1週間に1度くらいの頻度でウェットのものを使用しています。

クイックルワイパーで部屋の掃除をするメリット

掃除機やお掃除ロボットではなく、クイックルワイパーで部屋の掃除をするメリットをご紹介します!

メリット1:静かに掃除ができる

掃除機やお掃除ロボットの場合、どうしても音が発生しますが、クイックルワイパーなら無音で部屋の掃除が可能です!

掃除機はその吸引力がメリットですが、その分音も大きくなりがちです。お掃除ロボットも音が比較的小さなものが増えてきているようですが、お掃除ロボット稼働中はずっと音が鳴り続けます。

クイックルワイパーは無音で掃除ができるので、早朝や深夜に掃除をしても他の人の迷惑になりません。

メリット2:本体+シートの価格が安い

パンダ🐼はクイックルワイパーの本体は1,500円くらい、替えのシートは30枚入りで100円のものを使用しています。

掃除機やお掃除ロボットの本体は数万円するので、それらと比較するとクイックルワイパーの費用は安いです!

メリット3:収納スペースに困らない

クイックルワイパーはクローゼットの隅に立て掛けて収納しています。

クローゼットの収納したところ

掃除をするときに、サッと出してサッとしまえるところがいいです!

メリット4:メンテナンス不要、故障もしない

掃除機やお掃除ロボットの場合、フィルターを交換したり、充電したりといったメンテナンスをする必要があります。

クイックルワイパーはそもそも機械ではないので、メンテナンスは不要ですし、故障することもありません。

よっぽど乱暴な使い方をしない限り、同じ本体を10年以上使い続けることができると思います。

クイックルワイパーのここがちょっと、、

掃除機やお掃除ロボット比べてクイックルワイパーのここがちょっと、、という点をご紹介します。

ここがちょっと、、1:ラグやカーペットは掃除ができない

冬は、電気ホットカーペットの上にラグを敷いています。

その場合、ラグはクイックルワイパーでは掃除ができないので、コロコロを使って掃除をしています。

パンダくん

コロコロもサッと取り出して使えるよ!

ここがちょっと、、2:粉塵は掃除しにくい

クイックルワイパーでは細かい粉塵の掃除は難しいです。

埃や髪の毛であれば掃除できますが、細かい粉塵だと掃除機のようにキレイには掃除できないので、、吸引力のある掃除機の方が優れていると思います。

ここがちょっと、、3:自分で掃除をする必要がある

その点、クイックルワイパーでの掃除は自分で掃除をする必要があります。

ところが、ロボット掃除機は自分に代わって掃除をしてくれます。

自分はその間、他のことができるので時間を有効活用することができます。

毎朝3分の掃除時間ですが、1年間だと18時間15分。

時給2,000円とした場合、36,500円/年間になるので、費用対効果でロボット掃除機を導入するミニマリストも多いようです。

最近、ロボット掃除機でも安いものであれば、20,000円以下のものもあるようです。

ただパンダ🐼の場合、自分で掃除をすることで得られる達成感と爽快感が好きなので、毎朝クイックルワイパーで部屋の掃除をしています。

まとめ:毎朝クイックルワイパーで掃除をしてスッキリした気分で一日のスタートを!

以上、毎朝ミニマリストが部屋の掃除使っているクイックルワイパーについてご紹介しました!

毎朝クイックルワイパーでキレイに部屋を掃除すると、達成感と爽快感が得られて、とてもスッキリした気分で一日のスタートが切れますよ!

皆さんも是非、試してみてはいかがでしょうか?

この記事が少しでも皆さんの役に立ったら嬉しいです。

またねっ。

パンダ
ミニマリスト
IT系会社員、投資家兼ミニマリスト。投資の運用成績や節約術、ミニマル生活、お気に入りのガジェットについて発信中。
\よろしければポチッと応援お願いします/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

Go!Go!パンダくん!! - にほんブログ村

当サイトで使用のWordPressテーマ

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
スポンサーリンク
目次
閉じる