もしもアフィリエイト経由のAmazon提携申請で承認を得る方法

もしもアフィリエイト経由のAmazon提携申請で承認されない…。

そんなお悩みを持つあなたに向けて。

こんにちは、パンダ (@gogopandablog) です。

アフィリエイト収益を上げるために、Amazonとは早い時期に提携しておきたいです。

ブログでAmazonの商品を紹介することができ、そこから収益を上げることが可能になります。

しかし私自身、過去にもしもアフィリエイト経由のAmazon提携申請は2回否認された苦い経験があります。

3回目の申請でようやく承認されましたが、今回はその経緯と実際に対応した内容をご紹介します!

パンダくん

申請が否認されるとヘコむよね…

目次

Amazon提携申請はもしもアフィリエイト経由がオススメ

自分が使っているオススメの商品をブログ記事で紹介して、ブログ経由でその商品を購入してもらえると収益を上げることができます。

ブログ記事にこういったリンクを貼って、その商品を記事内で紹介する形です。

こちらのリンクはRinker(リンカー)という商品管理プラグインを使って作成しています。

ただ、本家「Amazonアソシエイト」は提携審査の基準が厳しく、商品を3つ売って初めて審査が開始されます。

パンダくん

初心者にとって、商品を3つ売るっていうハードルはめちゃ高い!

一方、「もしもアフィリエイト」経由でのAmazon提携は比較的ハードルが低いため、私は「もしもアフィリエイト」経由で提携申請をすることにしました。

ちなみに楽天市場、Yahooショッピングに関しては「審査なし」です。

提携申請をするとすぐに「提携中」というステータスになるので、すぐにRinker(リンカー)を使ってブログにリンクを貼ることができます。

パンダくん

ラッキー!

問題はAmazonでした。Amazonは「審査あり」です。

Amazonで買い物をする人は多いので、Amazon提携申請は承認されておきたいです。

パンダくん

申請が承認されるまでの経緯を説明するよー

Amazon提携申請(1回目)⇒否認

ブログを開設して5記事をアップしたタイミングで「もしもアフィリエイト」経由でAmazon提携申請をしました。

「まあブログ記事に変なこと書いてないし、問題なく承認されるだろう。」くらいに思っていましたが、考えが甘かったです。

翌日に受け取ったのは、

提携が否認されました【もしもアフィリエイト】」という悲しい件名のメールでした。

否認された原因は明確で、そもそもAmazon提携申請する条件を満たしていませんでした。

赤字でしっかり「10記事以上のコンテンツが必要です。」って書いていました。

パンダくん

注意書き、ちゃんと読んでいませんでした…すみませんでした…

Amazon提携申請(2回目)⇒否認

前回の申請では規定の記事数に足りていない状態でした。

その後、ブログ記事を追加して10記事をアップしたタイミングで、Amazon提携申請(2回目)をしました。

「よし、今度は大丈夫!」と思っていました。しかし、翌日受け取ったのは前回と同じ、「提携が否認されました【もしもアフィリエイト】」という悲しい件名のメールでした。

パンダくん

このメール、受け取ると落ち込むね。。

10記事書いてアップしたし、規約に反することは書いてないし、なぜ!?と軽いパニック状態になりました。

その後、他のサイトを参考にしながら、ブログの内容を見直すことにしました。

その結果、実際に対応した対応は以下の2点です。

実際に対応した内容

アフィリエイトの広告を消す
Amazonの商品価格についての文章を削除する(たぶんこれが原因)

パンダくん

それぞれ詳しく解説していくよー

対応1:アフィリエイトの広告を消す

いくつかのサイトを参考にしましたが、「Amazon提携申請時は「アフィリエイト広告は削除した方がよい」という記載をしているサイトが多かったです。

私はAmazon提携申請(2回目)の際、ブログの記事の中に数か所、Rinkerで作成したアフィリエイトのリンクを貼っていたので、一旦削除することにしました。

対応2:Amazonの商品価格についての文章を削除する

Amazon提携申請(2回目)の際、こちらの記事「【レビュー】タニタ 体重 体組成計(BC-768 WH) スマホへのデータ自動送信が超便利!」で、タニタの体重体組成計のレビューをしました。

実は、このタニタの体重体組成計は新品未使用のものをメルカリで5,000円で入手しました。

Amazonや楽天市場で売っているものは、だいたい7,000円~8,000円くらいです。

そのため、「何か買い物をする際、すぐにAmazonでポチるのではなく、メルカリで新品未使用が安く出品されていないか確認してみよう!

という文章をこの記事の中に書いていました。Amazon側からしたら、印象がよくない内容ですよね。

そのことに気づいたので、この部分の記載は削除しました。(大人の対応ってやつです。。)

パンダくん

実際の買い物は価格を比較して決めるのがいいけどねー

Amazon提携申請(3回目)⇒承認!

以下の2点の対応をして、3日後にAmazon提携申請(3回目)をしました。

実際に対応した内容

アフィリエイトの広告を消す
Amazonの商品価格についての文章を削除する(たぶんこれが原因)

一度Amazon提携申請を否認されると、翌日から3日間は「提携申請」のボタンが表示されない仕様になっています。

提携申請のボタンが表示される3日後を待って、Amazon提携申請(3回目)をしました。

パンダくん

3日間は待たないといけないんだ…

翌日、無事「提携が承認されました!【もしもアフィリエイト】」の件名のメールが届きました!

結局、対応した2つのうち、どちらが否認された原因だったかはわかりません。

私は恐らく後者の「Amazonの商品価格についての文章」が原因だったのではと思います。

「Amazonの方が値段が高い」というようなことは書かない方がいいです。

また、「今Amazonで○○円で売っています」という記載もしない方がいいと思います。

その時はAmazonで○○円だったとしても、別の日だと値段が高くなっていることはよくあることです。

それを見た読者が、「Amazon値上げしてる!」と思ってしまうと印象がよくありませんよね。

パンダくん

少なくとも「提携申請中」はこういう内容の記事は控えておこう。

まとめ

以上、私がAmazon提携申請(もしもアフィリエイト経由)に2回否認されて、3回目で承認された経緯と対応した内容を紹介しました。

注意点と対応内容をまとめると、

注意点

Amazon提携申請には10記事以上のコンテンツが必要です。

実際に対応した内容

アフィリエイトの広告を消す
Amazonの商品価格についての文章を削除する

Amazon提携申請(もしもアフィリエイト経由)をする際は、これらを注意点と対応内容を参考にしていただけると、承認されやすいです。

パンダくん

今ではいっぺんに3件も成果が発生したこともあるよー!!

この記事が少しでも皆さんの役に立ったら嬉しいです。

またねっ。

パンダ
ミニマリスト
IT系会社員、投資家兼ミニマリスト。投資の運用成績や節約術、ミニマル生活、お気に入りのガジェットについて発信中。
\よろしければポチッと応援お願いします/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

Go!Go!パンダくん!! - にほんブログ村

当サイトで使用のWordPressテーマ

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
スポンサーリンク
目次
閉じる